キャットトンネルのオリジナルな使い方

By 2006年3月2日 日記 4 件のコメント
20060302a しばらく続いた曇りがちな天気が過ぎ去り、気持ちのよい晴れ日となりました。 先日購入したキャットトンネルはニャンズの普段過ごす事の多いリビングへ置いたのですが、最近、どうもオリジナルな使い方をしている事に気がつきました。 マニュアルというか、商品説明によると半円の入り口は下向きになっていて、中にあるポンポンがぶら下がるようになっているのですが、このトンネル、天地を決める土台的なものが何もないので、中で動くとゴロンゴロンと転がっていってしまうんですね。つい先日も、キンタが激しく動いた結果、キリモミ回転で部屋の果てまでゴロゴロ! …危険なアイテムです(^^; そこで、あまり転がっても実害の少ない窓際へ配置。 すると今度ははなが写真の様に、新たな使い方をし始めました。名付けて「方舟」。この方がどうも落ち着くらしく、最近はこのスタイルがほとんどです。 でも、この使い方をするのははなだけなんですね。 中にあるポンポンも、まくらの様に使っている様です(^_^)

4 件のコメント

コメントを残す