ギンタはサバトラに非ず

こんにちは。makotoです。今日はギンタについて。

先日の去勢手術の際に、動物病院で獣医さんと話している時に、ある事実を知らされました。それはギンタの正体について。私はずっと、ギンタは「サバトラ」だと思っていました。またCat Life掲示板でも、時々サバトラの話題で書き込んだ事もありました。ところが…。

私 「オス2匹、よろしくお願いします」
獣医「じゃあ、こちらのケージへ入れて下さい」
私 「はい。え~と、この子がキジトラで~」
(ケージに入れる)
私 「こっちが、サバトラです~」
(別のケージへ入れる)
獣医「あら~、この子はサバトラじゃないね~」
私 「えっ!?」
獣医「こっちのキジトラは間違いないけど、こっちの子はアメショのミックスかな?」

な、なな、なんですとーっ!
その後、しっかり見てもらった結果、ギンタはサバトラではなく「アメショmix」である事が発覚したのです。

獣医「サバトラはもっと鯖っぽくて、意外と汚い柄。この子は綺麗な色だし、斑点からしてアメショの血が入ってるね」

…私にはキンタのキジトラと同じにしか見えなかった…。ん~、言われてみれば少しパターンが違うかな。しかし、アメショの血とは…やっぱり洋猫の血はしっかり野に下っているのですね~…。

という訳で、ギンタは「アメショmix」となりました。最近ちょっと太ってきてる感じがするのは、マッチョなアメショの血のおかげかな??

コメントを残す